FXでの投資取引きとは

 「FX(エフエックス)」とは、「margin Foreign eXchange trading/外国為替証拠金取引」の事を指しており、通貨を銘柄にした金融商品になります。

FXでは、異なる二つの通貨を一組にした通貨ペアというものを互いに売買し、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して、為替差損益を狙って求めていきます。
こうしたことを繰り返し行っていきながら、最終的には投資した資金を増やしていき、資産の運用を狙った投資取引になるのです。

FXでの最大の魅力は、「レバレッジ」という仕組みをいかにして活用していくか、という事になります。
レバレッジとは、ドアの取っ手などのレバーと同じ意味で、「テコの原理」のテコの事を指しています。
小さな力で大きなものなどを動かしていくテコと同じく、FX取引ではレバレッジを使う事で、少ない資金でも投資を行うことができ、国内の取引業者では最大25倍、海外の取引業者では、時に数千倍にまで効力があるレバレッジを使用することができます。

これを使う事により、例えばわずか10万円の投資額であっても、国内最大である25倍のレバレッジを掛ければ、実に250万円の投資を行うことができるようになるのです。

ただし、このレバレッジは、高い倍率で使用すればそれだけ大きな利益を掴める反面、為替レートが意図せぬ方向に動いた場合には、損失もそれだけ大きくしてしまうために、使用には細心の注意を払う必要があるのです。

時にFX取引が、ギャンブルのようで危険なものであるという印象を残す原因の一つには、こうした高いレバレッジの使用で失敗した例が多くあるからであり、こうしたことからも、レバレッジをの取り扱いには細心の注意が必要であり、むやみにレバレッジを使わないようにすれば、逆にFX取引は、比較的安全な投資取り引きともいえるのです。

レバレッジを全く使わないFX取引は、外貨貯金とほぼ同じような仕組みになりますが、高い手数料を通貨の売買を行うたびに支払わなくてはいけないことを考えれば、外貨貯金はコストが高くて小回りが効かない投資取引であり、多くのFX取引業者がその手数料を無料化しているこの時代では、どうしてもFX取引に軍配が上がるでしょう。

また、銀行などの手続き上の制限もあり、一度投資を立ててしまったら、なかなか途中での売買を行う事の出来ない外貨貯金と違い、FXでは平日であれば24時間いつでも投資取引が行えます。

FX取引では、外国為替市場が開場されている時間帯である、月曜日の早朝から土曜日の早朝までの間であれば、いつでも取引きを行うことができるのです。
例えば、日中に忙しいお勤めをされている人であっても、夜の時間帯を使って取引を行うことができます。

また、外国為替市場は世界中に点在する為替市場を、インターネットなどの通信網を使って連携させた巨大市場ですので、日本の夜の時間帯は、ロンドン、ニューヨークといった大きな経済力を持つ都市の為替市場が同時に開場している時間帯にあたっているために、本格的に為替が活発になるこの時間帯を狙って取引きを行える、ゴールデンタイムと呼ばれている格好の時間帯になっているのです。

このように、為替相場を利用して行う取引きであるために、行き当たりばったりの勘に頼った投資ではなかなか利益を上げることはできません。

為替相場は複雑な要素が絡み合って変動をしていくために、為替レートの直接的な動きを予測していくのであれば、様々なチャート図などに為替の値を当てはめて、直近のレート変動を予測する「テクニカル分析」や、世界の経済ニュースや、国家の経済状況、政治動向、経済にかかわる指数の発表などを逃さず取り入れて、大きな為替相場の流れを読み解いていくファンダメンタル分析などを使いこなしていく必要があるのです。